本文へスキップ

有限会社 土屋印刷所は、福島県郡山市で商業印刷を扱う印刷会社です。

TEL. 024-951-2458

〒963-0207 福島県郡山市鳴神2-48

豆知識TRIVIA

書簡用語

3月~5月
初春 春寒、余寒、春寒料梢の候、余寒厳しき候、冴えかえる寒さ、寒威未だ去らず、
解氷の候、春寒稍緩み、逐日春暖、追々春暖相催し、軽暖の候、
春意しきりに動き初め、柳条稍色めく、春色俄かに相催し。
盛春 春暖の候、春和の砌、温暖日に至る、清和の候、春色漸く調い、柳桜の候、
山野春光に満つ、春信頻りに至り長閑なる日和。
暮春 晩春の候、暮春の候、春漸く衰え、春も漸く終り、余花の候、
惜春の候、若菜の候。

6月~8月
初夏 新樹の候、新緑、農繁の節、薄暑相催し、向暑の砌、黄梅の候、梅天打ち続く、
霖雨相つぎ、連日鬱陶しく、梅雨明けの候、暑気漸く相募り、暑気俄に加わり。
盛夏 暑さ厳しく、大暑、極暑、炎暑、酷暑、盛夏の候、炎威凌ぎ難く、三伏の候、
孟夏の候、酷暑の砌、連日の厳暑。
残暑 残暑凌ぎかね、残炎尚厳しく、残暑の候、朝夕稍涼しく、朝夕凌ぎよく。

9月~11月
初秋 初秋の候、新涼益々至る、新涼相催し、逐日秋冷相加わり、朝夕秋冷を覚え、
秋気動き初め、朝夕涼気相催し、虫の声しげく。
仲秋 秋冬の候、秋色漸く濃く、秋容やや調い、清爽の砌、秋気愈々清く、
秋燈親しむべき候、夜長の候、燈火親しむべき好季節、秋晴。
暮秋 暮秋、晩秋、秋漸く老い、行く秋、肌寒む、朝夕冷気相増し、虫声相衰え。

12月~2月
初冬 向寒の候、逐日寒冷相催し、追々寒気相つのり、寒気相催し、寒気俄に相募り、
落葉頻り。
仲冬 寒冷の候、寒気相募り、寒さ弥加わり、厳冬、厳寒、極寒、大寒、寒気、
堪え難き折柄、寒威烈し。
歳末 師走、年内余日なく、月迫の砌、年末惣忙の際、最早数え日と相成り、
本年も名残り、歳暮空惣の折柄。
慶事 新年 新春歳端、新正、年頭の御慶、年首の御慶び、改暦の祥慶、万象継新、
新春の賀辞申述べ。
結婚 御婚儀、御良縁、御縁組、御輿入れ、華燭の典、御良縁首尾よく御整い、
妹背の契り、抗麗、良偶、好配、琴瑟相和し、吉日吉辰。
出産 御安産、御平産、御分娩、御誕生、母子とも恙なく。
入学 御入学、御入校、御令息様には愈々学齢に達せられ首尾よく入試合格せられ。
新築 御落成、御竣成、御竣工、御新居、御建築。
寿宴 耳順(60)還暦(61)華申(61)古希(70)懸車(70)喜寿(77)米寿(88)
××様 ××の御齢に達せられ、××の御賀宴御開き、寿福両ながら足り、
御寿宴御催しの趣にて御招を賜り。
見舞 病気 御不例、御臥床、御病臥、御入院、病蓐、病床。
災害 不慮の災害、拝聞致し俄驚いたし、御被害如何也と案じ、不慮の御難、
御恙なきことを念じ居り、御被害甚大の由取敢ず蕪書拝呈御見舞、出水、
水災、暴風、台風、風雨、火災、火難、近火、出火、類焼、避難。
弔慰 御死去、御逝去、御長逝、御他界、御天逝、御早世、御夭死、御急死、御非命。
不慮の死 遂に御永眠、御看護の甲斐もなく、御療養中の処薬石効なく御訃音に接し、
御悲報拝承、謹んで弔意を表し、哀悼の意を表し、御悔み申述べ、
御遺族皆々様の御悲嘆さこそと拝察。

バナースペース

有限会社 土屋印刷所

〒963-0207
福島県郡山市鳴神2-48

TEL 024-951-2458
FAX 024-952-5733